【ジャンル】
食レポ 亮磁版
(2020年10月23日分)






【管理人の一言】
亮磁「鬼滅の刃の映画…ぶっちゃけ超最高でした(爆)」




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ
 
ランキング参加中。
ポチッと応援宜しくお願い致します。





亮磁店内グルメ
『炭治郎のぶっかけうどん』
チェーンストア : くら寿司
© Kura Sushi, Inc. All Rights Reserved.





【亮磁のチェーンストアグルメの感想】
器も中身も「竈門炭治郎」をイメージしたぶっかけうどんではあるが、
かまぼこ、いなり揚げ、天かすのトッピングによるボリューム感が凄い。


子供が楽しめる様な甘口ベースのかけうどんではあるが、
くら寿司のうどんだし、いつものかけうどんの味だろうと思ったら大間違い。
しっかりとした濃い出汁の味が麺や具材と絡んで…俺には美味しかった。




いつものかけうどんとの違いは、温かいうどんではなく「冷たいうどん」にもある。
かと言って凍えるぐらい冷たい訳ではなく…凍えないけど冷たいうどんみたいな。
あぁ、だから「かけうどん」でなく「ぶっかけうどん」なのかと勝手に納得。


ネットで話題になった名称に関しては、本記事ではノータッチで。
ただ、うどんでメニュー&名称を考えるなら…冷たい「水の呼吸うどん」と、
温かい「ヒノカミ神楽うどん」の二段構えにした方が良かったかもと思ったり。





亮磁店内グルメ
完食後。
器が眺めていたくなるぐらいに炭治郎してました(笑)





【亮磁のまんがあーる工房の宣伝】

第15回
ノエダの2コマ漫画!その2『ポテトチップス うすしお味(1)』




濃い味と来たら薄味のポテトチップスで対抗するしか(笑)
こちらの異世界の住人は「お菓子=甘い物」の概念を持っていた様で、
紹介者はまずこれをぶっ壊しに掛った様ですが…薄塩ポテチは好まれたのか?


読者からはポテトチップスを改めて食べたくなったと好評価を受けたが、
取り分け評価が高かったのはそれだけではなく…亮磁のそっくり感。
梨莎の描いた本家はつぶぁいあーる工房にて元気に動いているが、正直似過ぎ!




「まだ目を描いた漫画が未公開ですが、目があっても激似だと思えました」
この様な嬉しい感想を下さった某訪問者様の仰る通り…目があっても激似です(笑)
本家作画者が「私が描いたと言っても過言じゃありません!」と絶賛しましたからね。


お菓子の味は薄い塩味かもしれませんが、読者には絶大な濃い味を与えた作品。
俺のネームだけでは駄目だった…ノエダの模写無くして「この感動は無かった」かと。
吹き出し内が読み易い様に調整されていた点も見逃せません。(文字も綺麗です!)