【ジャンル】
オリキャラ ノエダ版
(2020年9月28日分)






【管理人の一言】
亮磁「まんがあーる工房の亜人娘代表よ!その手をどけてくれ!」




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ
 
ランキング参加中。
ポチッと応援宜しくお願い致します。





ルピア
『ルピア』
作画者 : ノエダ





ラテの聖女王の祝眼の暴走により現世に舞い戻りし亜人娘。 
「ヒチャクヴィンナ」の1人。16歳。


気弱で若い時代が長く奴隷として重宝されるメロロ族の女性だが、
一族にほとんどに共通する性格に反して明朗闊達で周囲のムードメーカー。
ヒチャクヴィンナの亜人娘達を引っ張る統率力を持つ。ヒチャの村の村長代理。



ラテの命で繋がる亜人娘達が魔王城の麓に作った「ヒチャの村」にて、
魔王城と魔王城周辺の城や村で暮らす者限定(1日最大4名)の温泉民宿を営む。
リョジスケから譲り受けた鼠型魔法生物にレドツと名付け可愛がっている。


メロロ族の珠玉の存在として崇められるユヴァリィを尊敬している。
彼女が不死者である事を知りつつ、誰より傍で仕えられる事を喜びに感じており、
その行動原理も、ユヴァリィやラテに情けない姿は見せられない想いから来ている。






自らが展開した領域に入った者に「触れる幻覚」を見せる特異能力を持つ。
ルピアが想像する世界を対象者の視覚に強制的に映し、精神変化を引き起こす。
特異能力とは、ヒチャクヴィンナが有する「魔法や特技を昇華させた能力」の事。


リョジスケチルドレンの持つ常識を逸脱した「特殊能力」とは異なり、
世に存在する魔法や特技の最高難度スキルを更に発展させた自分だけの能力を指す。
(触れる想像世界を対象に強制で映す幻惑魔法は世に存在せず、ルピアにしか使えない)




そして、この特異能力を用いた想像世界のエンターテイメントショーにて、
自らの温泉民宿「ひちゃとぴあ」の宿泊客を楽しませる事が彼女の日課になっている。
宿泊客の一部に特異能力が効かない関係で、見る為の眼鏡を掛けてもらう事にはなるが。


双子の妹マリユを溺愛しており、好きな食べ物はマリユが作った料理全般。
リョジスケが居る時はスカートのガードを甘くして中を見せるのが鉄則と心得ており、
現在の目標はリョジスケチルドレンの様に彼の部屋に深夜に姉妹で招待される事。




魔人トフェル族を束ねるフィアレとは同じ統率者として気が合う様で、
休日にはお互いの憧れの人物について延々と語り合う程に仲が良いのだが…
目玉焼きの話になると毎回大喧嘩に。(ルピアはソース派、フィアレは醤油派の為)


16歳の誕生日を迎えてから、
ユヴァリィから「リョジスケに好かれる淑女」と称した特訓を姉妹で受けている。
月に何度か不定期に行われるのだが…え?内容?知らんけど深夜に開かれるらしいよ?